奨学金について

給料とは別に奨学金が毎月支給されます。

(借用か口座振込か選べます。)
 
集金あり
コース
集金なし
コース
4年間コース
4年制の大学・専門学校
最大 500万円
借りない場合 (240万円)
最大 360万円
借りない場合 (144万円)
3年間コース
3年制の専門学校
最大 360万円
借りない場合 (180万円)
最大 270万円
借りない場合 (108万円)
2年間コース
2年制の短大・専門学校
最大 250万円
借りない場合 (120万円)
最大 180万円
借りない場合 (72万円)
1年間コース
1年制の専門学校・予備校
最大 110万円
借りない場合 (60万円)
最大 90万円
借りない場合 (36万円)

※ カッコ内の金額は、最低支給金額です。
  卒業までの学費貸与額がこの金額未満の場合、差額を支給します。
※ 集金なしコースの募集人数は、若干名となります。
※ 必要学費(入学金・授業料・諸経費)を免除額内で無利息で貸付ます(返済不要)。
※ 学費を借用しない場合は、毎月5万円(集金なしは3万円)の奨学金を振込で支給します。
※ 宅浪学生は毎月25,000円(集金なし15,000円)の奨学金が支給され、1年後に残りの30万円(集金なし18万円)が
  一括支給されます。(所定の条件を満たした場合)

奨学金支給方法

★産経新聞奨学会の奨学金支給方法は2つあります。


①学費を借用する場合の
支給方法

当社指定の借用書類と通学校の振込用紙を郵送いただければ、奨学会から、直接学校に奨学金を立て替えて振込いたします。
上記の最大額の範囲でしたら奨学生に在籍し、卒業まで業務を行えば、返済可能です。

2年制以上の学校の
1年目借用限度額について

2年制以上の学校の場合
修業年数の限度額以外に入会1年目の限度額があります。

(集金ありコース) 150万円まで
(集金なしコース) 120万円まで

(借用例)2年間の専門学校

  集金あり 集金なし
1年目 150万円 120万円
2年目 100万円 60万円
合計額 250万円 180万円

②毎月口座振込
(学費を借りない場合)

毎月5万円(集金なしは3万円)を指定口座に振込みます。

※ 宅浪学生は毎月25,000円(集金なし15,000円) の奨学金が支給され、
1年後に残りの30万円(集金なし18万円)が一括支給されます。
(所定の条件を満たした場合)

振込例

● 集金ありコース(毎月5万円)
● 2年間

5万円×12ヶ月×2年間 =120万円

その他のシステム

卒業まで継続せず、
途中退会の際の返済金額について

産経新聞奨学会は、毎月5万円 (集金なしは3万円)の奨学金が 支給されますので、借用金額から5万円(集金なしは3万円)×在籍月数を差し引いたものが返済額となります。


返済例
● 集金ありコース
● 2年間 250万円借用
● 1年半で退会の場合

5万円×18ヶ月(1年6ヶ月)=90万円
250万円-90万円=
返済額160万円

入学祝金支給について

予備校生・宅浪生が4月から1年間勤務し、2年制以上の学校に入学して奨学生を継続する場合、入学祝金5万円が支給されます。(学費借用者は返済に充当)

在籍期間について

※ 奨学金制度の1年間は、4月1日~翌年3月31日までが原則です。

※ 奨学金制度の1ヶ月は、25日以上在籍が原則です。

  • 仕事内容・待遇について
  • 奨学金について
  • 入会までの流れ
  • よくある質問
  • 適用校一覧
  • 説明会スケジュール
  • 産経新聞社について
  • 奨学生ライフ
  • 産経新聞奨学会とは
  • 奨学生イベント
  • 奨学生インタビュー
  • 説明会予約
  • 資料請求
  • 奨学生応募願書
  • 産経新聞奨学会大阪
▲奨学金一覧へ戻る