奨学金について

「2016年度54期生より奨学金増額決定」

給料とは別に奨学金が毎月支給されます。
給料:毎月 115,200円(平成28年4月予定)

4年制の大学生

勤続年数 毎月支給額 毎月支給額合計 貫徹奨学金 年 額
1年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
2年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
3年次 60,000円 720,000円 180,000円
(60,000円UP)
900,000円
4年次 60,000円 720,000円 180,000円
(60,000円UP)
900,000円
卒業祝金 640,000円(160,000円UP)
奨学金合計 4,000,000円(400,000円UP)

3年制の専門学校生

勤続年数 毎月支給額 毎月支給額合計 貫徹奨学金 年 額
1年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
2年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
3年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
卒業祝金 540,000円(180,000円UP)
奨学金合計 2,880,000円(360,000円UP)

2年制の短大・専門学校生

勤続年数 毎月支給額 毎月支給額合計 貫徹奨学金 年 額
1年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
2年次 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
卒業祝金 440,000円(200,000円UP)
奨学金合計 2,000,000円(320,000円UP)

1年制の専門学校生

勤続年数 毎月支給額 毎月支給額合計 貫徹奨学金 年 額
1年間 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
奨学金合計 780,000円(60,000円UP)

予備校・宅浪生※

勤続年数 毎月支給額 毎月支給額合計 貫徹奨学金 年 額
1年間 50,000円 600,000円 180,000円
(60,000円UP)
780,000円
奨学金合計 780,000円(60,000円UP)
※宅浪生には、毎月2万5千円の奨学金が支給され、1年後に残りの30万円が一括支給されます。(受験票、もしくは合格証のコピーを提出してください。※所定の条件を満たした場合)

奨学金のシステム

貫徹奨学金

4月から翌年3月まで勤務すると、貫徹奨学金18万円が支給されます。
(学費借用者は返済に充当)

卒業祝金

2年制以上の大学・短大・専門学校を卒業すると卒業祝金が支給されます(所定の条件を満たした場合。学費借用者は返済に充当)。

入学祝金

予備校・宅浪生が4月から1年間勤務し、2年制以上の学校に入学して奨学生を継続する場合には、入学祝金 5万円が支給されます(学費借用者は返済に充当)。

奨学生期間とは

奨学金制度にいう一年間とは、学校年度にあわせて、4月1日から翌年3月31日までが原則です。

1年未満で退会した場合

奨学金は、月額25,000円となり、支給済み奨学金との差額を退会時に精算していただきます。学費借用者も月額25,000円で精算していただきます。

学費貸付制度

学費を借りない場合

奨学会から学費を借りない人には、奨学金が毎月振込で支給されます(入会時に奨学会指定の銀行にあなたの預金口座を作ってもらいます) 。毎月15日に前月分の奨学金を振り込みます。

必要学費が借りられます

2年制以上の大学・短大・専門学校生は、初年度 120万円、1年制の専門学校、予備校生は初年度 78万円までの学費が無利息で借りられます。貸付総額の上限は、就業年限の奨学金総額以内とします。

例: 2年制の専門学校生の場合
(貸付総額 200万円)
1年目 120万円貸付
2年目 80万円貸付

※入学金・授業料の貸付(教材費・実習費は対象外)

借用学費の返済システム

借用学費の返済システム

A君(4月入会)が78万円を借用してスタートした場合

借りた奨学金は毎月5万円ずつ残高が減っていき、1年後に貫徹奨学金18万円が支給され、残高はゼロとなります。

  • 仕事内容・待遇について
  • 奨学金について
  • 入会までの流れ
  • よくある質問
  • 適用校一覧
  • 説明会スケジュール
  • 産経新聞社について
  • 奨学生ライフ
  • 産経新聞奨学会とは
  • 奨学生イベント
  • 奨学生インタビュー
  • 資料請求
  • 奨学生応募願書
  • 産経新聞奨学会大阪