産経新聞奨学会 東京事務局TOP > 奨学生インタビュー

奨学生インタビュー

井口 光次さん

日本工学院専門学校テクノロジーカレッジ
電子・電気科2014年卒
NECネットワークセンサ内定

機械工学を学ぶために上京
技術者になる夢をかなえました

機械工学の開発エンジニアに憧れていたのですが、地元にはその分野の専門学校がなく上京を決意しました。学費や生活費をどうするかと悩んでいたところ、高校の先生が産経新聞奨学会を教えてくれたのです。一括で学費の借り入れができ、親への負担を軽減できて助かりました。
大雪の日の配達などでは苦労しましたが、学校の先生方も応援してくれて、同級生にも新聞奨学生が多かったので励まし合って続けました。配達が朝だけだったので、授業が終わったあとは図書館で資格試験の勉強をしたり、課外授業で展示会に行ったりと、有意義に過ごすことができました。アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展CEATEC JAPANは、特に刺激的で興味深かったです。それも東京にいたからこそ見られたもの。僕にとって新聞奨学生は、親に頼らず夢をかなえる道。念願の会社から内定をもらうことができた今、一人前の技術者になれるよう、いっそう努力していきたいです。

西川 和利さん

日本大学 商学部
2013年卒 (城北信用金庫)

新聞奨学生になることは、両親から自立する最高のきっかけ

西川さんは産経新聞の愛読者であるお父さんの勧めで新聞奨学生制度を知り、 自立するには良い機会だと考えて利用を決意。早朝に起きることなどなかったので、やはり最初は大変だったそうです。

でも集金の時に会うお客様からは「いつも頑張ってるね」「えらいわね」と声を かけていただき、スーパーや電車でお会いしても話しかけてくださる。お店の先輩たちも親切。それらがとても嬉しく、頑張れたそうです。 卒業祝賀会では奨学生代表で答辞を朗読し、販売店の所長さんから名誉なことだと褒めていただきました。「奨学生制度のイメージはいろいろあると思います。でもあまりネガティブに考えず、まずやってみて欲しい。必ず自分の力になります。」

新聞奨学生を検討している後輩へ、西川さんからのエールです。

  • 仕事内容・待遇について
  • 奨学金について
  • 入会までの流れ
  • よくある質問
  • 適用校一覧
  • 説明会スケジュール
  • 産経新聞社について
  • 奨学生ライフ
  • 産経新聞奨学会とは
  • 奨学生イベント
  • 奨学生インタビュー
  • 資料請求
  • 奨学生応募願書
  • 産経新聞奨学会大阪